奈良の町家Ⅲ



折角の奈良でしたが撮った写真はいろいろ入れて15枚くらい。
家族と一緒だとこんなものですか^^
考えてみれば、
私が小学3年生の頃までの我が家(実家)は良く言えば町家でした。
もちろんこんなハイセンスな造りではありませんでしたが、
小さな頃の記憶ではありますが、
入口からの奥行きは大変なものだったです。
自転車に乗る練習を土間でやれましたから^^
写真のような「おくど」があって、
毎日母が薪で御飯を炊いていました。
だから本当に懐かしいです、こんな情景が。

スポンサーサイト

奈良の町家Ⅱ

P10060002.jpg

格子戸(窓)からの眺めもその一つですが、
いろんな要因で切り取られる景観の妙も計算の上なのでしょうね。

奈良の町家Ⅰ



久しぶりに奈良町界隈を歩いてきました。
断続的な小雨の生憎の天気でしたが、
しっとりとした空気感はこの町には合っているようです。
格子窓が印象的な町家があります。

忍び寄る



具体的に何がということではありません。
写真を眺めながらそう感じました。

Pagination

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。