スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

針穴の向こうは不思議の世界

トーンカーブ補正等をググッとかけて、
まだまだググッとかけると、
不思議の世界が出現しました。
赤い蘇鉄の陰から恐竜でも出て来そうです。



次のはあまり補正はしていません。
最初からほぼこんな色調でした。
下のタイルはこんなに入れるつもりはなかったのですが。
昨日の花のように、淡い感じもいいですが、
こういう強い調子のものも好きです。

080427011.jpg
大人の科学ピンホールカメラ CENTURIA100
スポンサーサイト

アリさん気分

大半は草木を足元から上を見上げたアングルで撮りました。
先日のピンホール写真展の影響ありですね^^
覗いて構図の分かるファインダーがあるわけではないので、
アリさん気分もスキャンしてのお楽しみでした。
逆光が多かったようで、
白っぽかったり、影絵状態だったりで、
スキャンには苦労しました。



なんとなく色が薄いので、
モノクロにしてみたら意外に好みでした。
これもアリですね。

080427003mono.jpg
大人の科学ピンホールカメラ CENTURIA100

世界ピンホール写真デー

昨日は世界ピンホール写真デー
ピンホールカメラのオトピンくんを久しぶり(以前の記事)に引っ張り出しました。
一部のピンホールやキャップが外れていて、アレッと思いましたが、
本体の中にコロコロと無事入っていました。
オトピンくんの勇姿ですが、
大方上向きのきつい体勢でよく頑張りました。

080427001.jpg
E-500 35/3.5 macro

こんな感じですね^^

pinhole_day9.jpg
大人の科学ピンホールカメラ CENTURIA100

写真展ふたつ

080425001.jpg
OLYMPUS PEN EES

開催日が4日間ほど重なっていて、
場所も地下鉄で一駅違うだけで歩いても周れる、
気になる写真展が二つありました。
天気はいいし、お昼過ぎから夫婦揃って行って来ました。
一つは、オリンパスギャラリー大阪での、
今岡昌子 写真展「茶馬古道-The Ancient Tea-Horse Road」で、
もう一つは心斎橋Acruでの、
「ピンホール写真展 Acru PinholePhotograph Exhibition」でした。
今岡昌子さんはオリンパスのサイトにあるギャラリーで知ったのですが、
一度見るなり、すっかりファンになりました。
今岡さんの撮られる人物の表情がすごく自然で、
それはもちろん彼女の人物によるところなんだと思っていました。
実は今岡さんのギャラリートークは明日なのですが、
係りの方がでも今日もおられますよと言うので覗くと、
ちょうど会場に入ってこられました。
思っていた通りの爽やかで自然体の方でした。
その時は来場者が少なかったこともあって、
20~30分でしょうか、お忙しいと思いますのに、
いろいろとお話が出来て感無量でした。
もうひとつの方Acruは、
一階が物販と喫茶のようになっていて、
写真展は地下の方だと店の人が案内してくれました。
この写真展はとあるブログで知ったのですが、
明後日4月27日はピンホール写真の日だとか書いてあり、
これはなんとなく見ておかねば!となった訳です。
会場に行くと作家のお一人てんちゃさんがおられて、
親切にピンホール写真について、
作品一つ一つを例にとって教えていただきました。
ピンホールと言うと本当に小さな穴なので、
作品自体も小さいイメージがどうしてもあったのですが、
大きくプリントされていてそれは力強いものがありました。
見終わって喫茶店で一休みしていると、
少し足がだるくなって来るのですが、
大満足の午後でした。

桜の通り抜け

一昨日、大阪造幣局恒例の「桜の通り抜け」へ行ってきました。
造幣局に沿った川岸も桜の名所ですが、
ここは既に新緑一色でした。



片手を伸ばしてのショットで、
どこかのお父さんの頭部を激写してしまいました。
こんな感じで500mあまり続きます。
普通にはあまり見ることのないいろんな桜を見ることが出来ます。

080423002.jpg

隣接するマンションがありました。
ゆったり俯瞰する通り抜けも味わってみたいですね。

080423004.jpg

見事な青空で、
天候には恵まれて良かったのですが、
日頃の運動不足か歳なのか膝が少々痛くなりました^^;

080423003.jpg

いづれも CONTAX G1 45mm/F2
フィルムは SUPERIA Venus 400でしたが、
いつも使っている安いCENTURIA 100の方が発色が好みですね。

私の青空

私の青空(堀内敬三訳詞)

夕暮れに仰ぎ見る輝く青空
日暮れてたどるは我が家の細道
せまいながらも楽しい我が家
愛の灯影の差す所
恋しい家こそ私の青空

原曲は永遠のスタンダード曲「MY BLUE HEAVEN」ですね。
すこし小市民な感がないわけではありませんが、
家庭もしくはそれに順ずるものは大切です。
いろんな人がいろんな風に歌っていますが、
この頃、我が家では次男と二人の間でマイブームの高田渡でよく聞きます。
とつとつとした深い歌声がいいですよ。

080422001.jpg
E-500 55/1.8

その辺りに咲いているポピー/ひなげし

ほんのその辺りのポピーですが、
そこはケシ科の花ですから、
妖しげな雰囲気は持っています。

080411001.jpg
E-500 50/1.4

アーモンドの花も咲いていました

少し遠のいていた春の陽気が戻って来ましたね。
早速、長居公園内にある植物園へ行って来ました。
これは植物園に入るまでの公園の歩道沿いに咲いていたアーモンド。
桜と同じバラ科らしいですが、
こんなに花が桜に似ているとは知りませんでした。

080403003.jpg

ま、植物園ですのでいろんな花も。

080403001.jpg

柳が続く小道は風情がありました。

080403002.jpg
E-500 25/1.4

Pagination

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。