スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺内町旧杉山家住宅にて

身をかがめてくぐった木戸の奥は静かな光と陰の世界でしたが、
帳場周りの忙しかった往時が偲ばれました。

070226008b.jpg

070226005b.jpg

070226006b.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/126-858f8128

Comment

しょっぺ

はぁ…なんか、こう、清らかな感じ(うまく表現できませんw)がしますね~。
モノクロと和って最高の相性ですね★
一枚目の影の感じが好きです(^ω^)
  • URL
  • 2007/02/27 01:04

K

しょっぺさん
この部屋は木戸を開けて入って直ぐの左手の間です。
当家は造り酒屋だったらしく、
写真にあるようにここに帳場台が置いてありました。
明かりの感じがうまくなるような配慮があるのかも知れないですね。
これと言えるような考えがあってではないですが、
カラーとモノクロ、半々くらいに意外と頻繁に撮り分けていました^^
黒光りした木材の深い色合いもいいものがありますね。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。