ピンホールで町探検

やっと少しまともな色合いになってきました。
今回2日に渡って27枚撮りフィルム2本撮りました。
パノラマですから実質僅か26枚のうち、
フィルム巻き忘れの二重露光や、
巻いているのにまた巻いていたり
パノラマ撮影のつもりが、
ステレオモードで真ん中に仕切りが入っていたり、
まあ~、失敗も多かったです^^;
とりあえずパノラマは堪能したし、
一昨日の松の木に気を良くしたものだから、
次は普通のサイズで行こうかと思っています。

070607002.jpg 070607001.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/147-6d62db83

Comment

ヒツジ草

そうか~、パノラマだと消費が早いんですね~♪
35mmはフィルムがなかなかなくならなくて…
おまけにカウンターがいい加減だったから、
何枚撮ったのか解らなくなったりしてました。。
2重露光もそれなりに味になったりしますしネ。
新作、楽しみですね~♪
赤いタバコ屋さんの看板がカワイイですね!!

K

ヒツジ草さん
このカメラのカウンターは何枚目とか言うのではなく、
半回転したら普通の一枚分、一回転したらパノラマ一枚分とかが分かるだけです。
突然巻けなくなってアレッとか思って終わりです^^;

しょっぺ

いやぁ~ほんと良いですねぇ~ピンホール(^ω^)ノ
なんかKさんが撮られる被写体と相性が良い気がします☆

僕もデジタル強化運動とか言いながらフィルムでバシバシ撮ってます|`・ω・)ゝ”
ピンホールも仲間に入れたくなりますよw
  • URL
  • 2007/06/08 00:12

K

しょっぺさん
デジタルのスッキリした画像も大好きなのですが、
ピンホールなど手間がかかる分、
撮る楽しさがありますね。
もっともフィルムと言っても、
現像は普通のDPE店にお任せ、
あとはスキャナーで読み込んで終わりなので、
半分デジタルみたいなものですね。
プリントの魅力もあるのでしょうが、
今のところパソコンで見れたら充分というところです^^

ヒツジ草

あ、やっぱりフィルムカウンターは付いてないんですね。
私もゼブラの時は付いてなかったので、フィルムカウンターを自作しました。
フィルムのパーフォレーターに引っかかるように、
テレカなどを3mmくらい出っ張りを付けて切って、
フィルムが巻き取られる側の部屋に少し出っ張りが出るように取り付け、
出っ張りを通過してフィルムが巻き取られるように細工をしました。
(意味解るかな~)
カウンターといっても数字が出る訳ではなくて、
パーフォレーターを通過する時に引っかかる感触と音で、
穴(確か)7個分を数えて1コマとかいう風にカウントしました。
今使ってるゼロはブローニーですが、カウンターも付いているので、
その辺のストレスは少なくていいです~(^^)

K

ヒツジ草さん
一応カウンターはついているんです。
半回転したら普通の一枚分、一回転したらパノラマ一枚分という感じです。
意外に正確にフィルムを送るのです。
でも正確過ぎて、
コマとコマの間の空白がほんの僅かなので、
ハサミで切るが大変でした。
スーパーの中にあるDPE店に出すんですが、
フィルムはオートカットでしか出来ないから、
パノラマはダメだと切らずにそのままネガを渡されて、
はじめびっくりしました。
そんなものなんですか??
まあ、それで自分でカットした訳ですが、
大変で。
それで2本目は少しオーバー気味にフィルムを送ったら、
当然スキャナのフィルムケースに収まりきらなくて、
一部バラバラにしたりで結構大変でした。
感触と音ですか、ものすごく繊細さが要求されますね。
確かにストレス感じます^^;

ヒツジ草

そうそう、ゼブラ君もやっぱり、
最初の方は1回転半、後半は1回転とかでカウントするんですが、
解りにくくてそれでカウンターを別に作ったんです。。
撮ってるうちに何枚撮ったか解らなくなるんですよね~。。
ピンホールはたいがい長巻のまま帰ってきますね。

K

ヒツジ草さん
やっぱり長巻ですか、そうですよね^^;

ウナム

う~ん
ピンホールパノラマ談義に入り込めないもどかしさ!!

左の写真は電線が素敵です
右のはパノラマならではの鋭角な切り取り方が素敵ですw
  • URL
  • 2007/06/11 22:34

K

ウナムさん
僕もピンホールは始めたばかりの一年生、いやいや幼稚園生って感じです。
日本の街は電線が多いですね。
多すぎて普段は網膜に写っていても、
それが見えていないことが多いです。
他にも見えてないものが沢山ありますが^^;

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。