スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼方

奈良の二月堂ですが、
7月初旬に行った時のものです。
こういうところは一人ボンヤリもの思うにはいい場所ですね。
(余り人がいなければ)
この方は僕らが去るまでじっとそこに座ったままでした。
目の先にある三角の大屋根は大仏殿ですね、多分。


大仏殿への参道の主役はやはり鹿くんのようです。
ところで、昨日今日明日と三日間、
鹿の角切りをやっているようです。

071006004.jpg

Nokton F1.2/35mm
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/179-6d3e0943

Comment

ヒツジ草

京都は好きで何度か行っているのですけど、
奈良って修学旅行と、もう一回は正倉院展だけ見て、
どこを見たとか記憶が全然ないのですよね~。。
正倉院展も京都まで来たらやってたので、
おもむろに行くことに決まったのでした。
もう随分昔の話なのですけど。。
スゴイ行き当たりばったりでしたけど、楽しかったですね~♪
二月堂は見た記憶がないので、きっと行ってないのでしょう。。
鹿クンは会った気がします(^^)
二月堂は見晴らしよさそうですね。ずっといてしまいそうです♪

K

ヒツジ草さん
東の山手から西方へ向かって街を一望する感じは、
京都の清水寺と似ていますね。
一昨日そろそろまた行ってみようかなとの思いがあったのですが、
なんとなく時間が過ぎて結局行けませんでした。
二枚目の写真ですが、
鹿くんがあまりにしつこくまとわりつくので、
さすがのお坊さんも、
やさし~く追っ払っている、というシーンです。
次回行くのはもう紅葉の頃でしょうね。

ウナム

この感じは・・・ポジですか?
1枚目は絵みたいですね。
不思議な美しさがあります

K

ウナムさん
この方のしゃんと伸びた背筋、背中に人柄や少し重たい背負ったものを感じてしまいます。
絵みたいですか?
灯篭のシルエットがおもしろいと思いました。
これはごく普通のネガです。
しかも超安値のCENTURIA100です^^
意外と渋くて良い発色をすると思いますよ。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。