スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EOS40Dで体験する大人の写真遠足(大阪編)その2

  • 2007/11/19 22:28
  • Category: EOS 40D
先ずこの部屋に集合、諸注意を聞いたあと、
2グループに分かれてガイドさんの先導で工場内の見学と撮影をスタートしました。
赤いジャンバーを着たスタッフの間に立っている茶色い上着を着た方が今回の講師の三島淳(みしまあつし)先生です。
ホンワカ温かい雰囲気の先生でした。
初めて使う機器の説明を分かりやすく親切にしていただきました。

071119110.jpg
EOS40D EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM

最初の発酵醸造工程、蒸留工程の撮影は時間的にはもう少し欲しかったという感じでしたが、
形の不思議な蒸留釜の並ぶ様はまるでSFの世界を覗くようなワクワク感がありました。

071119111.jpg
EOS40D EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM

071119104.jpg
EOS40D EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM

次の貯蔵庫では比較的時間があったのでじっくり撮ることが出来ました。
ほのかな明かりの中は静かに熟成を重ねる原酒の香りが漂います。

071119101.jpg
EOS40D EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM

071119102.jpg
EOS40D EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM

薄暗い貯蔵庫から外へ出ると、青空がスーッと抜けるようでした。

071119105.jpg
EOS40D EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM

このあとは皆さんお待ちかねの試飲タイム。
手元がふらついていた訳ではありませんが、
グラスはこんな中途半端なショットしかありませんでした^^;

071119106.jpg
EOS40D EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM

部屋の後方には大きなガラス越しに外の景観を取り込む趣向になっていました。

071119108.jpg
EOS40D EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM

ここで一服したあと、
一時間ほどのフリー撮影タイムがありました。
フリー撮影は工場内はもう出来なかったのですが、
ウイスキーの博物館というべきウイスキー館を中心に楽しく撮影が出来ました。
続く・・
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/200-a264b8bf

Comment

ヒツジ草

1枚目も山崎の中でしょうか?
雰囲気のあるお部屋ですね♪天井がいい感じ。
私たちは、最初の説明は池袋サンシャインの会議室だったんですよ。
山崎は普段でも見学出来るって聞いたのですけど、
発酵や蒸留のお部屋は普段は入れないのですか?
釜の緩やかなカーブや鈍く光った感じがいいですね♪
それから白熱球がぼんやり光った貯蔵庫もいい感じですね。
相当暗そうですが、手振れ補正の入ったレンズの威力はいかがでしたか?
あ、いや、Kさんの腕がいいのですね~♪
私も下戸ですが、試飲はしてみたいな~。
手元がおぼつかなくなりそうだけど。。

冬茜

こんばんは~
ご訪問とコメントをありがとうございました。
嬉しかったです。それに驚きました。ご一緒だったとは。(笑)
ということは、記念写真の中にKさんもいらっしゃるということですね。(^_^;

4枚目と5枚目、私も撮りました。
Kさんの写真を拝見すると、メチャ恥ずかしい!
お互いラッキーでしたね。
私は中高年組ですが・・・(^_^;

露出もバッチリで綺麗に撮れていますね。
今後ともよろしくお願いします。


K

ヒツジ草さん
EOS40Dのコマーシャルトークや使い方のセミナーそして昼食は、
蒸留所から歩いて15分程のところにあるふるさとセンターという公共の施設でした。
プリントや三島先生による講評もここに戻ってからありました。
一枚目は山崎蒸留所です。
試飲やガイダンスをするための部屋ですが、、
もっとこじんまりとした部屋がほかにもありました。
グループの人数によって使い分けていますね。
発酵は一枚だけ大きな木の桶を撮っただけです。
蒸留は柵があって手で触れるところまでは近づけないですが、
ズームがあれば3枚目の写真のように結構寄れます。
手振れ補正ですが、貯蔵庫内では1/13とか1/15秒とかです。
僕は手振れ大魔王ですし^^;威力はあったのではないでしょうか。
それよりも感度もほとんどISO1600ですが、
プリントを見てもあまりノイズが感じられないのがすごいです。
こういうものの進歩はすごいですね。
わりと操作もしやすかったですし。
だからと言って、これを欲しがっていてはキリがないんですが、
ヒツジ草さんはいかがです^^

K

冬茜さん
お互い本当にラッキーな体験が出来てよかったですね。
今回は同年輩と思しき方々もたくさん居られて少しほっとしてたんですよ^^;
こちらこそこれからもよろしくお願いします。

ウナム

iso1600の世界。
普段100の世界で生きているものとしては驚愕の世界ですね
400までしかつかったことないですし

なんか写真に興味がないころ数字が大きい方が高いしいいフィルムだと勘違いして
1600のフィルムで朝日を撮った愚かな日々を思い出しました。

Nasbon

初めまして、Nasbonと申します。冬茜さんの所からやって来ました。
蒸留釜や貯蔵庫の雰囲気が良く出ていてすばらしいですね。
1600の感度でも良く取れてますね。
またお邪魔します。これからもよろしくお願いします。

K

Nasbonさん
こちらこそはじめまして、よくいらっしゃいました。
Nasbonさんのサイトを見ました。
ビックリです、地球一周航海ですか!
地球一周航海の記録をアップ中とありますが、
まさかアップ中とは航海中にではないでしょうね!?
美しい自然や景観を見るにつれ大切にしなければと思いますね。
僕もこれからお邪魔したいと思います。
よろしくお願いします。

K

ウナムさん
ISO1600というとNaturaではじめて使いました。
僕は大昔ですが、
当時で言うASAの意味なんて分からずに、
別にどうってことないだろうなんて感じで、
カメラのダイヤルをくるくる回していて、
現像したら全コマ真っ黒。
折角の旅写真がパーだったことがありました。
シャッター速度も1/8000なんて普通にありますが、
単純に光量が同じであれば同じなんだろうかと思います。
ISO1600で撮った朝日もきっと普通と違った味があるのではと思います。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。