妙心寺退蔵院

少し遅い紅葉狩にと京都は妙心寺から竜安寺へ行って来ました。
でも一般的にはメジャーな嵐山周辺や東山周辺がわいわい楽しいのかも知れないです。
人の多いのも風情のうちのような気もします。
妙心寺は松の木の多いところでした。
むしろ松の木が有名なのではと思うほどでしたが^^;
写真は退蔵院で撮ったものです。



071207002.jpg

071207003.jpg

ヒツジ草さんの「鯉は宙に浮かび上がっているみたいです」のコメントに、
そうなんだと思って天地逆にして少しトーンカーブ補正をかけました。
まるで鯉座ですね^^;
ヒツジ草さんどうもありがとうございました。

071208012.jpg
いずれも E-500 + ZD 11-22mm F2.8-3.5
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/208-1ad7e2fd

Comment

satoru

壁の木の陰、いいですね。私もこういうのに惹かれます。

ヒツジ草

妙心寺は行った事ないですね~。
松の木が有名なのですね。
3枚目は屏風絵みたいですね。
2枚目のお池の鯉は宙に浮かび上がっているみたいです。
1枚目のような縁側にゴロンってしたいなぁ。
お坊さんに怒られるだろうなぁ。。

K

satoruさん
この季節は少し時刻が下がるだけで、
光の加減がいいですよね。
今回は人影はなしでした^^;

K

ヒツジ草さん
2枚目はトーンカーブ補正をググッとかけると、
正に宇宙空間を泳ぐ宇宙鯉でしたね。
天地逆にしても良かったですね。
なんか綺麗な紅葉が撮れなくて、
こんなものばかり撮ってました。

Nasbon

木の陰が面白いですね^^
天地逆になった鯉はまさに宇宙を泳いでます。カッコいいですね^^

K

Nasbonさん
紅葉のお星様というところですね^^
思わず幻想的な絵になりました。

冬茜

3枚目と4枚目がいいですね~

影って結構、面白いものなのですね。
はっきりした影で、ピントも合ってないとダメでしょうね。
これからの私の課題のひとつにします。(^-^)
って、出来るかなあ。f^_^;

天と地の逆さって、頭を柔軟にしないと出来ませんね。
いい感じの写真です。(^-^)

K

冬茜さん
影はなぜか面白いですね。
影自体が面白いし、
影を落とすそのものを思い巡らすのも面白い、
とかあるんでしょうね。
そういえば、小さい頃は影踏みなんてよくやりました。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。