スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痕跡

door

昔はちゃんと出入り口として使われていたのかどうか。
二つのドアが隣り合って並んでいるのも不思議です。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/21-ba04b2f1

Comment

スクェアcat

この写真と前回の郵便受けの写真を見て、この本を思い出しました。

超芸術 トマソン・赤瀬川 原平 (著)
ちょっと面白い写真とエッセイ本なんですよ。
「なぜこんな所にドアがあるの??」という風に 街中の変わった物に注目しています。

それから、この写真。木造の建物の風合いが 良い感じに出ていますね。色がいいですね~。

K

スクェアcatさん
確かにこれはトマソンと言えますね。
赤瀬川原平氏は好きですね。
「老人力」なんて本もありましたね。
氏によれば「ライカは老人力のカメラ」だそうです。
マニュアルカメラは基本的に使う人物が表れるんでしょね。
ボケ老人(別に老人にかぎらないかも)が使うとちゃんとボケてくれる^^;
ところで最近、私も老人力を発揮できるカメラが無性に欲しくなってるんです^^;

NOM

ばんはー

何ともいえない色合いが出ていますね。
ライカは買えないけどフィルムカメラも
そろそろやってみたくなってる私です^^

K

ウナムさん
ライカ・・、いいですねえ。
せめてプアーズライカと言われるやつくらいはと思うんですけどね^^;

ウナム

これは、どっから入るのだろう。
なんだか3つぐらいドアがあるようにも見えます。
きっとあの中のひとつが異世界に通じているのでは?!
生活観ある写真ですね。

そして、ウナムは僕ですよ!!Kさん。
  • URL
  • 2006/07/02 09:56

K

ウナムさん
さっそく老人力を発揮してしまいましたね^^;

K

NOMさん
人違いしてコメントしてしまいました。
済みません^^;
NOMさんワールドを是非フィルム写真でも見てみたいです。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。