光と影

「荒城の月」の一番には「昔の光いま何処」とうたわれますが、
九州の深部において、竹田市はなかなか輝いていると思いました。
市街の一角にかなり格安の売土地を見つけて、
この地でスローライフは可能だろうかと、
ふと思ったものです。

080118001.jpg

080118002.jpg

080118003.jpg
CONTAX G1
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/218-0cf6008a

Comment

Nasbon

強いコントラストが印象的ですね。
一枚目はトンネル状になった所で撮影されたのですか?面白いですね。

satoru

トンネルの中と外の露出があまり飛ばず潰れず、いい具合になりましたね(^^V

K

Nasbon さん
これは廉太郎トンネルというらしいです。
もともと素堀りらしかったのですが、
出入り口の周囲をきれいにして、
こんな明かりがが付いて観光名所になってます。
これも一枚しか撮りませんでした。
露出が心配でしたが、
まあまあうまく行きましたね^^

K

satoruさん
そうなんです、うまい感じでいけました。
ラッキーというやつですね。
ネガフィルムはある程度の許容範囲があるようですが、
そのお陰でしょう。
トンネルを抜けたところの人物がいることは分かっていたんですが、
面白く取り込むことまでは出来なかったです。
焦って撮ってしまうんですね^^;

ヒツジ草

一番下の写真、コントラストが強く、くっきりした印象ですが、
陽だまりの光が暖かな感じですね。
2枚目みたいな縁側でのんびりしたいですね♪
暗いトンネルの向こうに見える光、なんかホッとします(^^)

K

ヒツジ草さん
すべての写真にコメントどうもありがとうございます。
昔からとにかくハイコントラストが好きでしたが、
(多分昔の流行ですね)
特に上田義彦さんの写真集などちらと見てから、
(あまり写真集は見ないです^^;)
グレーの階調って綺麗なんだなあと思いました。
で、
こんな縁側でスローに過ごしたいですよね^^

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。