プロペラ機の旅

今年の4月と先月10月と大分へ帰省しましたが、
このところJR利用ばかりだったのを、
航空便にしたところプロペラ機(ボンバルディアQ400)になっていました。
実はプロペラ機は初めてで、
最初どんなのだろうと少しドキドキでしたが、
意外に静かで揺れもせず、
推進力もあって驚きでした。
角の生えた太陽の塔みたいな影は、
そうです、プロペラです。

081122002.jpg

離陸もプロペラというイメージから、
プ~ンと優雅にするものかと思っていたら結構なGがかかり、
ジェット機よりもすごいのではと思いました。

081122003.jpg

離陸して少しすると眼下に明石海峡大橋が見えてきました。
プロペラ、頑張って回っていますね。

081122004.jpg

無事大分空港へ着陸。
直接滑走路から乗降するのが新鮮です。
真正面から一枚。
断面が真円なんですね。

081122005.jpg

BESSA R2a + NOKTON 40/1.4 + ACROS 100
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/251-02638aca

Comment

ヒツジ草

最近のプロペラ機は静かなんですか?
以前、屋久島に行ったとき乗りましたが、翼脇の席だったせいか、
プロペラのすぐそばでスゴイ振動で30分間生きた心地がしませんでした~w
写真みたいに飛行機の継ぎ目が見えて、そこから剥がれ出しそうで。。。
海面が微妙にリアルに見える高さで怖かったです~。。

K

ヒツジ草さん
屋久島への機種も現在はこのボンバルディアQ400のようですが、
以前は違う機種だったのか、
悪天候だったのか。
僕の場合も帰路では大阪上空の天候が悪くて、
結構がたがた揺れました。
昔はこれがとても怖かったですが、
幾度か乗っているうちになんとも無くなりました^^
屋久島はよかったでしょうね。
屋久島は行ってみたいところの筆頭ですので、
いつかはと思っています。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。