スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぞわぞわ

Ai Nikkor 50mm F1.2s というレンズは、
1981年に発売され、以来ずっと現行レンズとしてラインナップされてるとのこと、
基本設計自体も当然古いレンズで、
もちろんマニュアルですが、F100やD700のフォーカスエイドを使えば、
どんどん進んで来た老眼でも楽にピントあわせが出来ます。
E-500はファインダー画面も小さく、マニュアルではかなり苦労していました。
極めて浅い被写界深度と極端な周辺光量落ちは、
一般的には使いづらいクセですが、それが好みなので。
ただ、気をつけないと点光源のボケが結構はっきりした同心円状になるようです。
手持ちにVMマウントのNokton 35mm F1.2がありますが、これも同様です。
そんな部分を矯正したNoct Nikkorというレンズがあるのですが、
少し値が張るようですし、これで十分だと思っています。

081211001.jpg
F100 + 50/1.2 + CENTURIA 100
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/261-7147819a

Comment

shinzo fykui

Kさん、信蔵です。shinzlog-clipにコメントありがとうございました。あっちにも書きましたが、僕、Kさんの写真好きですよ。ベイヤーセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラの薄っぺらい感じじゃないものをKさんのサイトにある写真から感じたんだと思います。もうこの時代にフイルムの話をしても若い人には首を傾げられるだけですが…(苦笑)、ふとこのサイトに立ち寄ったときにエクタクロームやベルビアなどのフイルムの質感を見出したのかもしれませんね。

K

信蔵さん
うれしいコメントをありがとうございます。
もちろん、実際はそれほど深く考えて撮っているわけではないですが、もっともそれは先刻承知だと言われそうですね^^;
2年前のGW前に初めてデジイチを購入しました。OLYMPUSのE-500にした決め手はとりあえずの価格と、そしてなんと言っても、Kodak製センサーのオリンパスブルーに代表される発色と、こってり感で、これは今も好きです。今はセンサーも新しく替わりましたが、特に初代E-1の絵作りは、未だ最新のE-3を凌駕しているように思います。
フィルムを始めたのはその後からで、無意識であれ信蔵さんの云われるような少し深いものを求めたのかなと思います。フィルムはACROS 100 や CENTURIA 100 など安価なネガばかりです。たまにオマケで貰った業務用ということもありますよ^^; むしろ、一般によく売られているISO400のカラーネガフィルムは好みの発色をしないので使いません。一度使ってビックリしました。

なな

おはようございます!

ご無沙汰しておりました。
Ai Nikkor 50mm F1.2sのぼけ味美しいですねー

単焦点レンズの醍醐味は1.4~1.0ぐらいの明るいレンズ
だと思います。というか単にボケ好き、明るいレンズ好き
なだけですが。(笑)

D700買われたようでうらやましいです!
ぼくもフルサイズのデジタルカメラがほしいんです。

古くなっても満足のいくスペックのカメラなんで
EOS5Dが中古で安くなるのを待っています!
新しいのがでたら安くなるかな?

はやーく安くなれー(笑)
  • URL
  • 2008/12/13 09:39

K

なな さん
おはようございます。
僕の方もしばらく撮れない日々がありまして、
随分無沙汰をしていました。
少し余裕が出てきましたもので。
今回D700を購入するに当たり、レンズは随分整理しました。
ズームは、いざと言う時のために残したE-500と付属していたキットレンズ一本になりました。
結局ズームはあまり使ってなかったんですね。
D700も当面このMFの50/1.2とAFの35/2の2本で行くつもりです。
EOS 5D は名機ですね。
これまでもこれで撮られた写真を羨ましく眺めていました。
価格もキャッシュバック後価格のD700とあまり変わりません。それだけ定評のあるカメラということだと思います。
それにしてもデジタルってなぜこんなに高価なんでしょうね^^;

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。