にはろい

トイカメラ Vivitar Ultra Wide & Slim で撮られた写真をたまたま目にして、
その写りの面白さについ買ってしまいました。
小さい、軽すぎる、圧倒的なチープさは評判通り期待通りです。
そのうち、ポキン、メリッとやってしまいそうな予感がありますが、
しかし写りは違いました。
豆粒みたいなプラスチックレンズでよくこんなにきれいに写るものだと思いました。
もっとハチャメチャな写りを期待していたのでがっかりしたくらいです。
少しコントラストなど上げてやるといい感じです。
シャッター速度1/125、絞りF11の固定式ですから、
状況に応じてフィルムの感度を選ぶことになります。
今回は、晴れでしたが雲の多い日中屋外でした。
ISO100で問題なく写りました、と言うより随分明るい目でしょうか。
仕様よりもF値が小さいか、シャッター速度が遅いのか、そんな気もしますが。
ただ印画紙にはプリントしていませんし、スキャナーの設定の問題もあるので定かではありません。
個体差もあるかも知れません。

さて、堺市は自転車の町です。
いろは・・は昨今あまり見かけなくなりましたね。



090312006.jpg

090312011.jpg
Vivitar Ultra Wide & Slim + CENTURIA100
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/284-eda5e4d5

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。