スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーチアニマルを見て来ました。

大分市美術館で7月9日から催されているテオ・ヤンセン展、
ハッと気付くと、その終了日9月30日がもう明後日。
いずれそのうちと高を括っていました。
風力で羽根をはためかせてポンプを動かし、
何十本ものペットボトルに空気を溜め込んでその空気圧で動くらしい。
「風を食べるビーチアニマル」と言われる所以ですね。



テオ・ヤンセン氏はこれらをたった一人で、
しかもきちんとした設計図もなしに制作するとのことですが、
基本的な制作ノートと言うかアイデアノートは勿論あるのですね。
物理学を専攻していたという氏らしいものでした。

110928013.jpg
FinePix X100

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/391-1f20db80

Comment

ヒツジ草

すごいですね~。
風で動いてる所を見てみたいです。
  • URL
  • 2011/10/01 18:17
  • Edit

K

ヒツジ草さん
室内なので風力ではなくハンドルを手回しで空気を溜めていたようですが、動きはまさに生命体、感動的でした。
「テオ・ヤンセン」で動画検索すれば沢山ヒットしますよ。
大分でもこんな企画展やってくれるんだなと、それに感心しました^^

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。