かくかくしかじかでましかくに



近所の書店には「カメラ日和」9月号がまだ20冊くらい平積みされている。
当初100冊くらいあって、
ん??、ちょっと多いんじゃない、ここでは!?と心配したものですが、
なんとなく売れては行くものですね^^;
9月号は「ましかく写真」特集だったなと、
PEN-EESの何とか写っている残りものを、
一度ましかくにしてみようと、やってみました。
何となく冗長だったものが若干締まった感じになったような、そうでもないような・・。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/85-7da95d12

Comment

ヒツジ草

ましかくって、な~んかいいですよね~(^^)
何でかな~。
カメラ日和は衝動買いしやすいので、
一歩立ち止まって考えてから買うようにしてます。。
でも、100冊ってスゴイですね。

K

ヒツジ草さん
本に限らず私は衝動買いしてしまうタチなのですが、
最近は意識して立ち読み専門に徹しています。
中にPENのましかく大改造とかいう記事がありますよね。
そこに出てくる、マスクの切り出し寸法を覚えようと売場で少し努力しましたが、
すぐに忘れてしまって駄目でした^^;
携帯カメラでパシャなんてダメダメと変に律儀な私でもあるんです。

unam

本屋の心配というか雑誌の売れ行きの心配してるKさん面白いです。
四角の特集ですか。
考えてみれば写真が横長であるほうが最初の発想からするとおかしいですね。
なんであの比率になったのだろう。。。?
  • URL
  • 2006/09/14 12:56

K

ウナムさん
スーパー業界在籍26年間に身に付いた習性はどうしようもないですね^^;
写真(カメラ)の縦横比は正方形と、由来は知りませんが、3:2や4:3などがありますよね。
普通は3:2で、デジタルのコンパクトカメラや私が使っているOLYMPUS E-500などは4:3のようです。
3:2の長い方は時たま冗長に感じることがありますが、
都合のいい時もあります。
好みでしょうね。

スクェアcat

出番だ、スクエアだ~!
ということで、ましかく写真良いでしょ?
カメラ日和のスクエア特集の予告がでたあたりから
「きたきたきたぞ~」と思っていました。
そうです、スクエアの時代がやってきたのです。
と、ちょっと興奮気味?ですが、やっぱりいいなぁ~。ましかく。

K

スクェアcat さん
やっぱり、ましかく時代の到来ですか^^
一概には言えないと思いますが、
ある意味人間の都合で決まってしまっている横長に対して、
ましかくはそれ自体に必然性があるように思えるのは確かですね。
独特の緊張感が撮る時からあるから、
横長の場合ようなトリミングもあまり発生しないような気がしますが、
どうなのでしょう?
ましかくは学生時代に二眼レフで一度撮ったことがあります。
構図がキチンと決まる(よく分かる or 決めないといけない!?)ので、
いいなと思った記憶があります。
ただ私は横長も好きなんですが、
実は、自分の持っているE-500の4:3よりも、
実はもっと横長の普通の3:2の方が好きなんですよ^^;
(フィルムの方は3:2ですけどね)


Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。