奈良の町家Ⅰ



久しぶりに奈良町界隈を歩いてきました。
断続的な小雨の生憎の天気でしたが、
しっとりとした空気感はこの町には合っているようです。
格子窓が印象的な町家があります。
P10050002.jpg

以前来た時には気づきませんでしたが、
掛け時計が我が家のものと同じでした^^
P10050003.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kpage.blog71.fc2.com/tb.php/92-609d095d

Comment

ヒツジ草

いい雰囲気ですね~♪
奈良町って行った事ないです。
町家ってどうして落ち着くんでしょう。
Kさんのお家はこんなレトロな掛け時計が、
時を刻んでいるんですね~(^^)

unam

奈良にこんなとこがあるんですね。
行ってみたいなぁ。
今週末くらい車はしらせよかな。

それにしても壁の模様がかっこいい上に合理的だ。
  • URL
  • 2006/10/05 22:03

スクェアcat

3枚目の写真は タンスが階段になっているのでしょうか・こういう収納、とっても惹かれます
シ~ンとした中に、掛け時計の音が聞こえてきそうな感じがする写真ですね。
1枚目は格子窓の向こうに ちょっとだけ人が見えているところがいいなぁ。

K

ヒツジ草さん
この時計、振り子があって動いているんですが見せかけで、
中身はよくあるクォーツです。
でも外側は木製で意外と渋いんですよ。
前住んでた家の時から使っているもので、
数えてみれば、
かれこれ17年目にもなっていました。
この町家の時計はいつからここに掛かっていたんでしょうね。
町家か田舎の旧家か、
いつかそんなところに住めたらと思いますよ^^

K

unamさん
車はしらせよかな、くらいのところにお住いなんですね^^
階段の中がそのまま引き出しや戸棚になっています。
虚飾を廃しシェイプアップされた町家を、
ある意味象徴しているのかも知れませんね。

K

スクェアcat さん
自転車がファインダーに現れた瞬間、今だ!!と思ったのですが、
反射神経が上手く機能しなかったようです。
ちょっとだけ写ってよかったのかもしれないですね^^;

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

K

Author:K
高価な機材も腕もありませんが、とにかく写真が好きだと言う気持ちが頼りです。